DQ10ばっかりやってます。当分真面目に更新!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いい記事だと思ったら、クリックお願いします!!
週刊少年ジャンプ 46号感想
2009年10月12日 (月) | 編集 |
久しぶりに書こうと思う

PSYREN
正直今回の話は面白かった 一番俺が欲しかった展開かもなぁ
前半捜査・後半戦闘、ってなかなか良いテンポだったしね

カプリコの能力はかなり重要だね
弥勒もカプリコの事を創造主とか呼んでたし
しかしそうなるとここで影虎達がカプリコを守ったら未来がすごく変わる気がするんだよな
時期的にも今回はカプリコを奪われるでしょうね 最悪全滅もあるか・・・?

ただそれだと「根」の戦力大幅downだからそれもないのかな
ギリで祭登場→ジュナス戦闘に入ろうとする→弥勒がなんかしらの手段で止める
「俺たちの最優先事項はなんだった?」とか言って

それかカプリコの能力暴走とかね
カプリコの額の傷が現代のこの時点からあるという事は、何らかの人体実験をされた後なのかなぁ

しかしこのカプリコ幼女verはあれだ、アラレちゃんにすげー似てるw

あとジュナスのPSIが普通にかっけえ。絵も一番安定してるんじゃないかな?
ランがトリックルームを壁に使うのも新しい使い方で良かった
そう、ラスト4ページの緊迫感こそ、俺がPSYRENに求めていたものなんだ


ぬらりひょんの孫
つらら&ゆらのタッグktkr
これ俺的に最強に近い組み合わせなんだがw

しかしぬらりは過去編からいっきに面白くなってきましたね
完全に持ち直した感じ

それにしても今回の話は熱いなぁ 
ゆらが完全に少年漫画の主人公ですねw
ライバル?との協闘、
戦力外の友人達が危険地帯に来る→守る→死地に行くのを止められる→やられた義兄の言葉を思い出し、京都を守るという意思を強く見せる、
そしてその師にあたる義兄の裏切り・・・

いやぁ、熱いねw
今後の展開にかなり期待してます

しかしカナちゃん・・・作者も初期はヒロインにするつもりだったんだろうなぁw
今ではあれじゃないですか 重要な友人Aじゃないですか

めだかボックス
なんかもう色々とぶっとびすぎだろwww
こっからが本編なんですかね?
完璧バトル化だね

で、新登場の十三組生徒おかしいだろwまず全員AB型とかひどすぎwww
験体名は何かハンタにありそうなネーミングだしさw

まあ正直俺は期待してるんですけどね
ってか雲仙の姉はめだかちゃんに似すぎじゃね?w

バクマン。
これも熱い!
少年漫画っぽくない題材なのにすっげえ少年漫画っぽいしw
まさか自分の漫画どうしでの読みきり対決とはw色々考えるもんだなぁ

しかしエイジ、審査酷過ぎだろwww
ALL1の人とか超かわいそうw
でもこの「斜本」、って漫画はちょっと見てみたいな
絶対そのうち新ライバルになりそう 
それで亜城木の欠点が完全に明らかになるんだろうね

でも主人公達才能ありすぎだよなぁ 少年漫画だからこれでいいんだろうけど強すぎる
特に周りからの評価がね
結局この静河流とかいう人もかませになっちゃいそうだし


後半にいくにつれて疲れたからこの4作品で終了ねw
スポンサーサイト


いい記事だと思ったら、クリックお願いします!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。